『イギリス哲学研究』(最新号)

hyoushi

『イギリス哲学研究』は日本イギリス哲学会の機関誌として世にいう 「紀要」あるいは「年報」と性格を同じくする。期するところは会員の独自かつ清新な研究成果を収載して学的生活の里程標たらしめるとともに学会自体の旺盛な活動を具象化することにある。さらに、本誌はこれを学会内部の閉鎖的領域にとどめず、広く同学の士に解放して学会に寄与する道を開いてある。生誕したみどり児の弛みない質実な成長を期待してやまない。

日本イギリス哲学会
大槻春彦


『イギリス哲学研究』第42号(2019年3月発行予定)の投稿論文の公募を受けつけています(2018年6月30日消印有効)。投稿規定にしたがい、事務局までご応募ください(投稿規定〔PDF版〕)。2018年度の公募案内もご参照下さい。


2018年3月30日より、J-STAGEのプラットフォームを利用する形で、『イギリス哲学研究』を電子公開いたしました(ただいま、第39号から第28号まで公開済み)。詳しくは、こちらをご覧下さい。以下のURLから閲覧いただけます(2018年4月12日)。

www.jstage.jst.go.jp/browse/sbp/-char/ja


最新号目次 第41号(2018年)

タイトル著者ページ 
会長講演
 欲求充足と福利成田 和信5-16
論文
 ヒューム『人間本性論』における知覚の「生気」大槻 晃右17-31
 初期ミルにおける文明社会と女性――『女性の隷従』の思想史的一源泉――山尾 忠弘33-51
書評
 小城拓理『ロック倫理学の再生』下川 潔53-55
 豊川祥隆『ヒューム哲学の方法論――印象と人間本性をめぐる問題系』萬屋 博喜56-58
 深尾裕造『イングランド法学の形成と展開――コモン・ロー法学史試論』土井 美徳58-61
 山根明大『コモンウェルスの政治思想史――エリザベス一世期の政治的イングランド意識』岩井 淳61-64
 山下重一『J・S・ミルとI・バーリンの政治思想』村上 智章64-67
 エリー・アレヴィ(永井義雄訳)『哲学的急進主義の成立(Ⅰ~Ⅲ)』有江 大介67-70
 ラッセル・B・グッドマン(嘉指信雄・岡本由紀子・大厩諒訳)『ウィトゲンシュタインとウィリアム・ジェイムズ』冲永 宜司70-72
 リンダ・コリー(中村裕子・土平紀子訳)『虜囚――一六〇〇〜一八五〇年のイギリス、帝国、そして世界』松園 伸72-75
 ロバート・フィルマー(伊藤宏之・渡部秀和訳)『フィルマー著作集』古田 拓也75-78
 A. L. Beier, Social Thought in England, 1480-1730: From Body Social to Worldly Wealth伊藤 誠一郎78-80
 Roger Crisp, The Cosmos of Duty: Henry Sidgwick’s Methods of Ethics水野 俊誠81-83
 Robin Griffith-Jones and Mark Hill QC eds., Magna Carta, Religion and the Rule of Law戒能 通弘84-86
 Jacqueline A. Taylor, Reflecting Subjects: Passion, Sympathy, and Society in Hume’s Philosophy勢力 尚雅86-89
 Jia Wei, Commerce and Politics in Hume’s History of England壽里 竜89-92
学会展望
 政治思想大澤津・
蛭田圭
93-104
国際学会報
 9th European Congress of Analytic Philosophy一ノ瀬 正樹105-108
第41回大会報告
 シンポジウムI 近代寛容思想の射程とその意義
  第1報告川添 美央子109-110
  第2報告下川 潔111-112
  第3報告山岡 龍一113-114
  司会者による総括梅田 百合香・
関口 正司
115
 シンポジウムⅡ 功利主義と人間の尊厳
  第1報告 統治原理としての功利主義 ──ベンサムの「人格の尊厳」批判とその意味小畑 俊太郎116-118
  第2報告 J. S. ミルと人間の尊厳山本 圭一郎118-120
  第3報告 功利主義と人間の尊厳 ──経済学の歴史的展開との関連から中井 大介120-121
  司会者による総括奥田 太郎・
児玉 聡
122
部会研究例会報告
 第99回関東部会山根明大・竹中真也123-125
 第56回関西部会澤田和範・
甲田太郎・
鵜殿慧
125-128
 第100回関東部会神山和好・古家弘幸128-131
 第57回関西部会岡本慎平・
門亜樹子・
梅田百合香
131-134