『イギリス哲学研究』(最新号)

hyoushi

『イギリス哲学研究』は日本イギリス哲学会の機関誌として世にいう 「紀要」あるいは「年報」と性格を同じくする。期するところは会員の独自かつ清新な研究成果を収載して学的生活の里程標たらしめるとともに学会自体の旺盛な活動を具象化することにある。さらに、本誌はこれを学会内部の閉鎖的領域にとどめず、広く同学の士に解放して学会に寄与する道を開いてある。生誕したみどり児の弛みない質実な成長を期待してやまない。

日本イギリス哲学会
大槻春彦


投稿論文の公募について

『イギリス哲学研究』第43号(2020年3月発行予定)の投稿論文の公募を受けつけています。申込締切は、2019年6月30日(日本時間)。論文の公募要領・執筆要領については、『イギリス哲学研究』第42号の「『イギリス哲学研究』執筆に関する諸規定」に従い、オンラインフォームからお申込ください。


電子公開について

2018年3月30日より、J-STAGEのプラットフォームを利用する形で、『イギリス哲学研究』を電子公開いたしました(ただいま、第39号から第28号まで公開済み)。詳しくは、こちらをご覧下さい。以下のURLから閲覧いただけます(2018年4月12日)。

www.jstage.jst.go.jp/browse/sbp/-char/ja


最新号目次 第42号(2019年)

タイトル著者ページ 
記念講演
 東洋思想における幸福観の基底にあるもの西本 照真5-14
論文
 義務の規範性と理由の規範性
── J. ラズの排除的理由と義務についての議論の検討──
安倍 里美15-32
 ホッブズの教会論と助言上田 悠久33-49
 ヒュームにおける「一般規則」の発生論的解釈澤田 和範51-65
書評
 佐々木拓『ジョン・ロックの道徳哲学』一ノ瀬 正樹67-69
 高島和哉『ベンサムの言語論──功利主義とプラグマティズム』小畑 俊太郎70-72
 遠山隆淑『妥協の政治学 ──イギリス議会政治の思想空間』寺尾 範野73-75
 中澤信彦・桑島秀樹編『バーク読本:〈保守主義の父〉再考のために』佐藤 一進75-78
 森達也『思想の政治学──アイザィア・バーリン研究』山岡 龍一78-81
 山川仁『孤独なバークリ──非物質論と常識』中野 安章81-84
 萬屋博喜『ヒューム 因果と自然』伊勢 俊彦84-86
 ルートウィヒ・ウィトゲンシュタイン(古田徹也訳)『ラスト・ライティングス』大谷 弘86-88
 マイケル・オークショット(野田裕久・中金聡訳)『リベラルな学びの声』桂木 隆夫88-91
 ハーバート・スペンサー(森村進訳)『ハーバート・スペンサー コレクション』児玉 聡91-93
 アダム・ファーガスン(天羽康夫・青木裕子訳)『市民社会史論』福田 名津子93-96
 サミュエル・フライシャッカー(中井大介訳)『分配的正義の歴史』福間 聡96-99
 Colin Heydt, Moral Philosophy in Eighteenth-Century Britain: God, Self, and Other矢嶋 直規99-102
 Shinji Nohara, Commerce and Strangers in Adam Smith渡辺 恵一102-105
 Victor Nuovo, John Locke: The Philosopher as Christian Virtuoso武井 敬亮105-107
 Sora Sato, Edmund Burke as Historian: War, Order and Civilisation犬塚 元108-110
学会展望
 アダム・スミス研究の現在野原 慎司111-119
国際学会報告
 初めての国際ロック会議(2018 John Locke Workshop)の報告青木 滋之121-124
第42回大会報告
 シンポジウムI イギリス哲学研究とデジタル・ヒューマニティーズ
──思想史の事例を手がかりに
  第1報告 デジタルで切り取るファーガスンとスミス:量から質へ福田 名津子125-126
  第2報告 デジタル・ヒューマニティーズは思想史研究をどう変えるのか?──研究の現場から──壽里 竜126-128
  コメンテーターによる総括犬塚 元128-129
  司会による総括梅田 百合香129-130
 シンポジウムⅡ 近代日本とイギリス思想
──「明治 150 年」をきっかけに
  第1報告 意地悪な英国、明朗な米国──福沢が見た二つの国平山 洋130-132
  第2報告 日本におけるジョン・ロック研究──1835-1969年山田 園子132-134
  第3報告 自由の了解 近代人の揺らぎ──J.S. ミル受容をめぐる翻訳媒介、表層通過、および変形摂取深貝 保則134-136
  司会者による総括下川 潔・岩井 淳136-137
 セッション コモン・センスとコンヴェンション
──18世紀英米思想における人間生活の基盤
  第1報告 ヒュームにおけるコンヴェンション・言語・常識相松 慎也138-140
  第2報告 アダム・ファーガスンにおけるperfectibilianismとスコットランド常識学派との親和性青木 裕子140-142
  第3報告 イギリス領地アメリカ植民地の指導者層にとっての啓蒙と常識石川 敬史142-144
  司会による総括大谷 弘144-145
部会研究例会報告
 第101回関東部会内坂 翼・久保田 顕二147-149
 第58回関西部会武田 智紀・
中元 洸太・
杉田 望
149-152
 第102回関東部会後藤 大輔・
久野 真隆・
高 哲男
152-156
 第59回関西部会井保 和也・
太田 寿明・
村田 陽
156-159