『イギリス哲学研究』(最新号)

hyoushi

『イギリス哲学研究』は日本イギリス哲学会の機関誌として世にいう 「紀要」あるいは「年報」と性格を同じくする。期するところは会員の独自かつ清新な研究成果を収載して学的生活の里程標たらしめるとともに学会自体の旺盛な活動を具象化することにある。さらに、本誌はこれを学会内部の閉鎖的領域にとどめず、広く同学の士に解放して学会に寄与する道を開いてある。生誕したみどり児の弛みない質実な成長を期待してやまない。

日本イギリス哲学会
大槻春彦


投稿論文の公募について

『イギリス哲学研究』第43号(2020年3月発行予定)の投稿論文の公募を受けつけています。申込締切は、2019年6月30日(日本時間)。論文の公募要領・執筆要領については、『イギリス哲学研究』第42号の「『イギリス哲学研究』執筆に関する諸規定」に従い、オンラインフォームからお申込ください。


電子公開について

2018年3月30日より、J-STAGEのプラットフォームを利用する形で、『イギリス哲学研究』を電子公開いたしました(第1号(1978年)から第42号(2019年)まで公開済み)。詳しくは、こちらをご覧下さい。以下のURLから閲覧いただけます(2018年4月12日、2020年5月7日追記)。

www.jstage.jst.go.jp/browse/sbp/-char/ja


最新号目次 第43号(2020年)

タイトル著者ページ 
会長講演
 「思考実験」から「知識の新因果説」へ― ウィリアムソンの議論に即して―一ノ瀬 正樹5-21
論文
 Appropriating St. Jerome: The English Conformist Defenses of Episcopacy, c. 1570-1610李 東宣(Dongsun Lee)23-39
 フランシス・ハチスン『道徳哲学体系』における道徳感覚論と功利主義の理論的関係について太田 浩之41-57
 人間の弱さと自由
  ― ジョン・ロックによるピエール・ニコル道徳思想の換骨奪胎―
柏崎 正憲59-76
書評
 冲永宜司『始原と根拠の形而上学』中釜� 浩一77-79
 門亜樹子『啓発された自己愛― 啓蒙主義とバルベラックの道徳思想』柘植 尚則80-82
 冨田恭彦『バークリの『原理』を読む― 「物質否定論」の論理と批判』竹中 真也82-85
 那須敬『イギリス革命と変容する〈宗教〉― 異端論争の政治文化史』菅原 秀二85-88
 半澤孝麿『回想のケンブリッジ―
   政治思想史の方法とバーク、コールリッジ、カント、トクヴィル、ニューマン』
平石 耕88-91
 古田拓也『ロバート・フィルマーの政治思想―ロックが否定した王権神授説』内坂 翼91-94
 J. S. ミル(関口正司訳)『代議制統治論』山本圭一郎94-96
 ジョン・ロバートソン(野原慎司+林直樹訳)
  『啓蒙とはなにか― 忘却された〈光〉の哲学』
篠原 久96-99
 Christopher J. Berry, Essays on Hume, Smith and the Scottish Enlightenment森 直人99-101
 Yechiel J. M. Leiter, John Locke's Political Philosophy and the Hebrew Bible沼尾 恵102-104
 Keith Thomas, In Pursuit of Civility: Manners and Civilization in Early Modern England木村 俊道105-107
書評への応答
 小畑俊太郎会員による書評への応答高島 和哉109-110
学会展望
 18世紀イギリス小説中島 渉111-116
国際学会報告
 国際18世紀学会報告長尾 伸一117-120
第43回大会報告
 シンポジウムI 甦るフィルマー ―近代社会哲学の源流再考―
  第1報告 フィルマーは何をしたのか― 歴史的・理論的コンテクストの中で古田 拓也121-122
  第2報告 フィルマーの契約論批判の射程小城 拓理123-125
  司会者による総括青木 滋之・小林 麻衣子125-126
 シンポジウムⅡ ケインズ・ウィトゲンシュタイン・ハイエク
    ―不確実性の時代の秘められた知的連関
  第1報告 ハイエクにおける不確実性とルールの根源をめぐって
    ― 「感覚秩序」と「自生的秩序」
太子堂 正称126-128
  第2報告 ウィトゲンシュタインにおける確実性と不確実性大谷 弘128-130
  第3報告 ケインズにおける不確実性と慣習〜邦語文献の独自性を中心に小峯 敦130-132
  司会者による総括久米 暁・佐藤 方宣132-133
 セッションI アイザイア・バーリン研究の現在
  第1報告 思想の力:バーリンにおける政治理論とインテレクチュアル・ヒストリー小田川 大典133-134
  第2報告 規範理論家としてのバーリン:冷戦リベラルからリベラルリアリストへ山岡 龍一134-135
  司会者による総括高田 宏史136
 セッションII 18世紀イギリスの知覚論と常識の関係 
  第1報告 バークリの非物質論における常識―彼の知覚論との関連で山川 仁137-139
  第2報告 「一般人」はどのような意味で誤っているのか
    ― ヒュームの投影主義についての一考察―
豊川 祥隆139-141
  第3報告 トマス・リードにおける感官の欺きと常識の役割中元 洸太141-143
  司会者による総括萬屋 博喜143-144
部会研究例会報告
 第103回関東部会菅谷 基・太子堂 正称145-147
 第60回関西部会青木 眞澄・苅谷 千尋147-149
 第104回関東部会青木 裕子149-150
 第61回関西部会杉田 望150-151
海外部会報告
 The 1st Overseas Session:
  UK-Japan Special Conference: Aspects of Early Modern British Philosophy
一ノ瀬 正樹153-155