『イギリス哲学研究』(最新号)

journal_cover

『イギリス哲学研究』は日本イギリス哲学会の機関誌として世にいう 「紀要」あるいは「年報」と性格を同じくする。期するところは会員の独自かつ清新な研究成果を収載して学的生活の里程標たらしめるとともに学会自体の旺盛な活動を具象化することにある。さらに、本誌はこれを学会内部の閉鎖的領域にとどめず、広く同学の士に解放して学会に寄与する道を開いてある。生誕したみどり児の弛みない質実な成長を期待してやまない。

日本イギリス哲学会
大槻春彦


投稿論文の公募について

『イギリス哲学研究』の投稿論文の公募を受けつけています。詳しくは、各種の公募についてをご参照下さい。


電子公開について

2018年3月30日より、J-STAGEのプラットフォームを利用する形で、『イギリス哲学研究』を電子公開いたしました(第1号(1978年)から第42号(2019年)まで公開済み)。詳しくは、こちらをご覧下さい。以下のURLから閲覧いただけます(2018年4月12日、2020年5月7日追記)。

www.jstage.jst.go.jp/browse/sbp/-char/ja


最新号 第45号(2022年)目次

タイトル著者ページ 
会長講演
 客観主義、合理主義、直観主義
  ― もう一つの近代イギリス倫理思想史
柘植 尚則5-15
論文
 自己に対する道徳判断と自己欺瞞
  ― ジョゼフ・バトラーとアダム・スミスの比較分析
太田 浩之17-33
書評
 岩井淳・竹澤祐丈編『ヨーロッパ複合国家論の可能性
  ― 歴史学と思想史の対話』
苅谷 千尋35-37
 上田悠久『〈助言者〉ホッブズの政治学』岡田 拓也38-40
 上村剛『権力分立論の誕生 ― ブリテン帝国の『法の精神』受容』安 武 真 隆40-43
 大石和欣編『コウルリッジのロマン主義
  ― その詩学・哲学・宗教・科学』
小田川 大典43-45
 桂木隆夫『保守思想とは何だろうか
  ― 保守的自由主義の系譜
坂本 達哉45-48
 木村俊道『想像と歴史のポリティックス
  ― 人文主義とブリテン帝国』
伊藤 誠一郎48-51
 澤田和範『ヒュームの自然主義と懐疑主義
  ― 統合的解釈の試み』
矢嶋 直規51-54
 杉本俊介『なぜ道徳的であるべきか
  ― Why be moral? 問題の再検討』
佐藤 岳詩54-56
 柘植尚則『近代イギリス倫理思想史』勢力 尚雅56-59
 豊川祥隆『ヒューム哲学の方法論
  ― 印象と人間本性をめぐる問題系』
鵜殿 憩59-62
 M・ウルストンクラフト(清水和子ほか訳)
  『人間の権利の擁護/娘達の教育について』
舩木 惠子62-65
 G・パガニーニ(津崎良典ほか訳)
  『懐疑主義と信仰 ― ボダンからヒュームまで』
川添 美央子65-68
 M・フリーデン(山岡龍一・寺尾範野・森達也訳)
  『リベラリズムとは何か』
中村 隆文68-71
 J・S・ミル(関口正司訳)『自由論』、
 J・S・ミル(関口正司訳)『功利主義』
岡本 慎平71-74
 G. M. Collins,
  Commerce and Manners in Edmund Burke's Political Economy
立川 潔74-77
 Seiichiro Ito, English Economic Thought in the Seventeenth Century:
  Rejecting the Dutch Model
野原 慎司77-80
 Max Skjönsberg, The Persistence of Party:
  Ideas of Harmonious Discord in Eighteenth-Century Britain
森 直人80-83
学会展望
 アイルランドの哲学・思想(芸術・宗教・科学を含む)桑島 秀樹・
中野 安章
85-94
国際学会報告
 The 2021 John Locke Conference
   (June 9-11, 2021 ‒ Naples, Italy online conference)
武井 敬亮95-98
第45回大会報告
 シンポジウムI イギリスにおけるジェンダー論のルーツ
  第1報告 女性作家たちの「存在論的転回」小川 公代99-100
  第2報告 ユニテリアン・ウーマンとリベラル・フェミニズム舩木 惠子101-103
  司会者による総括犬塚 元103-104
 シンポジウムII イギリス哲学・思想と市民教育
  第1報告 イギリス思想とシティズンシップ教育平石 耕104-106
  第2報告 イギリス思想と高校教育柘植 尚則106-107
  第3報告 イギリス哲学と哲学対話実践奥田 太郎108-109
  司会者による総括岩井 淳・
木村 俊道
110
 セッション ヴィクトリア期における教養と一般教育の思想
  第1報告 作法から教養へ小田川 大典111-112
  第2報告 国民教育と地方大学
   ― トマス・ワイズのアイルランド教育改革論
崎山 直樹113
  第3報告 T・H・ハクスリーの科学論と教育論藤田 祐114-115
  司会者による総括小田川 大典116
部会研究例会報告
 第107回関東部会副島 基輝・
郷家 綾
117-119
 第64回関西部会竹澤 祐丈・
澤田 和範・
鎌田 厚志
119-122
 第108回関東部会中澤 信彦122
 第65回関西部会立場 貴文・
貫 龍太・
森 直人
123-127