17世紀イギリス思想史研究の現在と未来 ──山田園子先生退職記念シンポジウムのお知らせ(2018年3月31日 京都)

17世紀イギリス思想史研究の現在と未来 ──山田園子先生退職記念シンポジウムのお知らせ 開催主旨 日本のイギリス思想史研究を長年にわたって先導されてきた山田園子先生が、2017年3月をもって広島大学を早期退職されました。 山田先生は、イギリス革命期の急進派のひとりであるジョン・グッドウィン、17世紀半ばの複雑な英蘭関係を背景に持つアルミニウス主義、そしてトマス・ホッブズの歴史論やジョン・ロックの政 Read More …

ピーター・アンステイ教授講演会のお知らせ(2016年12月17日 京都)

ピーター・アンステイ氏(シドニー大学教授)講演会のお知らせ ロック自然学、認識論の研究者であるアンステイ教授による講演会が、2016年12月17日に京都にて行われます。ご多忙の時期とは存じますが、どうぞご参加ください。 講演者:Peter Anstey (Professor of Philosophy, University of Sydney) タイトル:‘Locke on Measuremen Read More …

日英共同カンファレンス「近代ヨーロッパにおける理性・差異・寛容」(2016年8月2-4日 京都大学)

日英共同カンファレンス「近代ヨーロッパにおける理性・差異・寛容」のお知らせ ご案内(公式ページより) 2016年8月2日‐4日にかけて、イギリス・ヨーク大学のトム・ストーナム教授(Professor Stoneham)と共同で「近代ヨーロッパにおける理性・差異・寛容」というテーマでカンファレンスを行います。 ストーナム教授をはじめとして、5人のイギリスの教授陣が来日します。 イギリスの研究者ならび Read More …