学会誌の電子化について

2018年4月 日本イギリス哲学会理事会 学会誌電子化委員会 日本イギリス哲学会理事会は、学会誌電子公開のための委員会を設置すると同時に、学会誌『イギリス哲学研究』の電子公開のための予算を2016・2017年度に計上しながら、その作業を集中的に進めてきました。またその過程では、投稿論文などの著作権者を中心 とする会員のみなさまからの電子公開に対する多大なご理解とご支援を頂いてきました。 そしてこの Read More …

若手会員支援策について

2018年4月 日本イギリス哲学会理事会 若手研究者支援策検討WG 日本イギリス哲学会理事会は、若手会員の研究振興と支援とを図るためのワーキンググループを設置し、学会財政に関する詳細な見通しを踏まえつつ、具体的な支援策について集中的に議論を行ってきました。そしてこのたび、三つの支援策からなるパッケージの形で会員総会へ提案し、幸いにして承認を得ることが出来ました。 第一に、若手会員向けの学会費減額制 Read More …

17世紀イギリス思想史研究の現在と未来 ──山田園子先生退職記念シンポジウムのお知らせ(2018年3月31日 京都)

17世紀イギリス思想史研究の現在と未来 ──山田園子先生退職記念シンポジウムのお知らせ 開催主旨 日本のイギリス思想史研究を長年にわたって先導されてきた山田園子先生が、2017年3月をもって広島大学を早期退職されました。 山田先生は、イギリス革命期の急進派のひとりであるジョン・グッドウィン、17世紀半ばの複雑な英蘭関係を背景に持つアルミニウス主義、そしてトマス・ホッブズの歴史論やジョン・ロックの政 Read More …

関西部会第57回研究例会(2017年12月16日、キャンパスプラザ京都)

第57回 関西部会例会 日時:2017年12月16日(土)13:00~17:50 場所:キャンパスプラザ京都 京都大学サテライト講習室(6階・第8講習室) 交通アクセスはこちらでご確認ください。 報告1:13:00~14:30(討論を含む) 報告者:岡本 慎平(尾道市立大学 非常勤講師) 題目:J・S・ミルと「不正」の態度適合分析 報告2:14:40~16:10(討論を含む) 報告者:門 亜樹子( Read More …

関東部会第100回研究例会(2017年12月9日、慶應義塾大学三田キャンパス)

関東部会 第100回研究例会 日時:2017年12月9日(土)14:00~17:15 場所:慶應義塾大学三田キャンパス 研究室棟 地下1階第1会議室 プログラム 14:00~15:30 報告者:神山 和好(茨城工業高等専門学校) 報告題目:現代認識論概観 15:45~17:15 報告者:古家 弘幸 (徳島文理大学) 報告題目:英国現代社会民主主義における平等の概念 詳しくは報告要旨を参照ください。 Read More …

第42回研究大会、個人研究報告の申込締切

第42回研究大会(武蔵野大学:3月28日(水)・29日(木))の個人研究報告の申し込み締め切りについて 申込締切 2017年9月15日(当日消印有効) 報告時間 35分、質疑応答15分 レジュメ 1600字以内(題目・氏名・所属を除く)、英語の場合は390ワード以内 申込先  事務局 申込方法 メール(添付ファイル)または郵送 日本イギリス哲学会事務局

関西部会第56回研究例会(2017年7月22日、キャンパスプラザ京都)

第56回 関西部会例会 日時:2017年7月22日(土)13:00~17:15 場所:キャンパスプラザ京都 京都大学サテライト講習室(6階・第8講習室) 交通アクセスはこちらでご確認ください。 報告1:13:10~14:15(討論を含む) 報告者:澤田 和範(京都大学大学院 文学研究科 博士後期課程) 題目:ヒュームにおける「一般規則」の発生論的解釈 報告2:14:30~15:45(討論を含む) Read More …

関東部会第99回研究例会(2017年7月15日、慶應義塾大学三田キャンパス)

関東部会 第99回研究例会 日時:2017年7月15日(土)14:00~17:15 場所:慶應義塾大学三田キャンパス 北館1階 会議室2 プログラム 14:00~15:30 報告者:山根 明大 報告題目:テューダー朝イングランドの愛国主義——『イングランド王国の繁栄』における経済思想を手掛りに 15:45~17:15 報告者:竹中 真也(中央大学兼任講師) 報告題目:バークリにおける「生得思念」に Read More …